FC2ブログ

銀次郎君、術後92日目、その② 私たちの考え

2014.10.03.21:19

今夜、主人が帰宅してから病院に向かいました
先生とお話して、ぎんちゃんの解剖をお願いすることとしました
解剖や病理検査にはさまざまなご意見があるとは思いますが、死因がなにだったのかをはっきり知っておきたいというのが私たちの考えです
ぎんちゃんが病気になり今まで私たちにいろんなことを教えてくれました
ぎんちゃんの兄弟のきぃちゃん(すでにお月様に行った元 金次郎君)も身をもって教えてくれたいろんなことが、ぎんちゃんの治療に大いに役立ちました(歯根膿瘍の治療には先手がうてました)
亡くなってからも私たちに教えてくれるものがあると思います

★先生とのお話

死因と考えられるのは(可能性含む)
・消化器官からの出血が長期間続いていた
⇒大量の腸内ガスで腸壁がこれ以上広がらないほどになり傷ついた可能性が大きい
・上顎歯根膿瘍が完全に治っていなくて微量に出血していた(貧血の原因)
・貧血による低酸素状態で意識がなくなった

★解剖でわかること
・消化器官のどのあたりで出血していたかおおよそわかる
⇒どの程度の傷なのかは病理検査に出して詳しく調べないとわからない
・他の臓器に異常があればおおよそわかる
・右目の膿瘍の内部がどうなっているかを切開して調べられる

先生におまかせしたこと
・解剖時にこの臓器は病理検査をした方がいいと判断したものは、外部委託で病理検査に出す


今日、お昼前に酸素室に入った直後のぎんちゃん
R0017710_convert_20141003211136.jpg

R0017712_convert_20141003211204.jpg

最後のうんP画像
R0017713_convert_20141003211221.jpg

今夜、病院で会ったぎんちゃん
「オレ、女子じゃねぇーよ」なんて言葉が聞こえてきます
R0017716_convert_20141003211250.jpg

目はあいていたので、何度も何度も閉じようと私がしていました
R0017719_convert_20141003211306.jpg

明日の朝一番にぎんちゃんのお迎えに病院に行き、我が家に連れ帰ってきます
スポンサーサイト



comment

Secret

2014.10.03.21:25

ぎんちゃん、、、安らかに眠ってますね。。。

私の神棚頼み効かなかった。。。

今夜は、泣いてお悔やみしたいと思います。。。

2014.10.03.21:39

私も病理解剖に賛成です。

病名を明かすこと以上に、症例の検討、医師、医療技術の向上に繋がると思います。

またその恩恵に授かる患者さんにと、拡がりは無限だと思います。

ちなみに私が中学生の時にガンで死んだ父も、症例検討、将来への医学貢献につがる為に、遺体の病理解剖を医師に許可しました。

No title

2014.10.03.22:12

安らかなお顔で眠っているみたいです。
ぎんちゃんにナデナデしながら話しかけてます。

ぎんちゃんへ
保護されてママのおうちに来たときは甘え方がわからなくてパパにガブッってしてたね。
病気をしてパパやママの愛情を一身に受けて
パパにも甘えられるようになったね
ホントはずっと甘えたかったんだもんね。
保護されてママのおうちで暮らすようになって2年
短い2年間だったかもしれないけど
2年の間にた~くさんいろんなことが詰まっているね。
パパやママの心の中にもいっぱいいっぱい思いが詰まっているよ。
パパとママ、そしてたくさんの人に愛されたぎんちゃん
幸せだったね
生まれてきてくれてありがとう!ぎんちゃん

ぎんちゃんときんちゃんを産んでくれたちいちゃんへ
二人を産んでくれてありがとう
二人とも短い兎生だったけどとても幸せな兎生だったと感じます。
ちぃちゃん親子に出会えたこと
たくさんのことを私も教えてもらいました。
ちぃちゃん、ありがとう!

パパさん、ママさんへ
解剖して病理検査はいろいろな意見があると思います。
良くなったり悪くなったりを繰り返していたぎんちゃんのお腹に何が起こっているの?と不安なことが一杯でした。
命を張って何かを伝えたかったように思えるぎんちゃんの声を聞かないままだと後悔するね。
ぎんちゃんの死因を知ることはぎんちゃんの気持ちでもあるなってぎんちゃんの生き様を見守っていて感じています。
きぃちゃんも身をもって大切なことを残してくれましたものね。

パパさん、ママさん
ぎんちゃんの心を開かせてくれて
献身的な愛を注いでくれて
ありがとうございます!!




2014.10.03.22:13

ぎんちゃん、本当によく頑張ったね
お疲れ様でした
毎日ブログを読んでぎんちゃんの姿をみていたので寂しくて悲しくて…
今はただ安らかに眠って下さいね
ぎんちゃん、ありがとうね

2014.10.03.22:21

ぎんちゃん…本当に本当に一生懸命闘って…本当に頑張り屋さんでしたね…
まずはゆっくり休んでね…
ママさん、パパさん、ぎんちゃんに本当に沢山の愛をありがとうございます。

ぎんちゃん、お疲れ様、ありがとう

2014.10.03.22:21

奇跡のように、ぎんちゃんなら回復してくれるはずと
願いをかけていました
残念でなりません

でも、最後まで本当に懸命に生き抜いた
勇敢で、カッコイイままの、ぎんちゃんでした

ぎんちゃん、ほんとうにえらかったね
長い間、辛い病気とよく闘ったね

私たちみんなのほうがぎんちゃんや
ママさんパパさんの頑張りから
パワーをもらっていたのかもしれません

そして最後にみんなのためにもう一仕事してくるのですね。
お疲れ様、そして、本当にありがとう。ぎんちゃん

ぎんちゃんは、もう苦しさからも解放されて、
自由に、自在にどこへでも行けるのですね。

これからは、いつもどこでも、ママさんパパさんと
いっしょにお出かけできますね。
ママさん、パパさんを守ってあげてね。

ぎんちゃん、ありがとう

また、わが子として、人間の子ども以上に、
お日様のように愛情を注いでくださったママさん、パパさんに
深い敬意と感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

お辛いでしょうがお体くれぐれもお大切に。

きいちゃん、ぎんちゃんの分も
我が家のちぃちゃん長生きして、元気に過ごせるよう
大切にしますね。きいちゃん、ぎんちゃん、
これからもちぃちゃんのそばに一緒にいてね。

ぎんちゃん、大好きだよ!

2014.10.03.22:26

銀ちゃん…
銀ちゃん…頑張ったね。
毎日ブログを楽しみにしてたから
ホント悲しいよ。
これからはお空から
大好きなパパとママの事 応援してあげてね。

パパさん ママさん

お疲れ様でした。
銀ちゃんはパパさん ママさんの子になれて幸せでしたね。

2014.10.03.23:11

ママさん
パパさん

ぎんちゃんは
お二人の子になれて
幸せだったと思います

ブログでぎんちゃんに出会い色々教わることがたくさんありました

ママさん
パパさんありがとうございました

銀次郎くんへ

2014.10.03.23:27

ぎんちゃん、本当に本当に最後まで頑張ったね。これからはきいちゃんとまた一緒に仲良くお月様で遊べるね。言葉にならない気持ちがたくさんありすぎて…ぎんちゃんのこと、これからもずっと忘れません。

ぎんちゃんパパさんママさん、想像を超える辛いときに、ぎんちゃんのことをご報告くださり感謝しています。保護うささん含めぎんちゃんのご家族の献身的な看病には胸を打たれました。本当にお疲れ様でした。ぎんちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

2014.10.04.01:28

ぎんちゃんがんばったね。
えらかったね。
お疲れ様。

心からご冥福をお祈り致します。

No title

2014.10.04.01:37

今まで近くにいて見守ってきたママパパの
決断に、誰が反対なんてできますか。
銀ちゃんもきっと納得してくれると思います。
私は病理解剖は、死因をハッキリさせる事で
家族も納得できますし、これからの小動物医療に
とても貢献できると思っています。
我が子を亡くして辛い中、この決断をしてくださって
ありがとうございました。
結果が出て、少しでもママパパさんの気持ちが
安らぎますように。

銀ちゃんの女子じゃねえ!という突っ込みが
聞こえてきそうなお写真。静かに眠っているように
見えます。本当にそうだったらいいのに…

2014.10.04.01:41

ママさん、辛い中ご報告ありがとうございました。

ぎんちゃん、本当に毎日頑張ってくれて、その姿にずっと元気をもらっていました。
もっともっとその姿を見ていたかった…。

でも、最後に本当の家族ができて、毎日沢山愛してもらえて幸せだったんだと思います。
ご冥福を祈ることしかできませんが、きぃちゃんと虹の橋で愛された幸せな魂として過ごしてくれることを願います。
ぎんちゃん、そしてママさんパパさん、本当にありがとうございました。

Re: No title

2014.10.04.01:56

コメントをくださいましたみなさまへ
またお一人お一人にお返事ができなくて本当にすみません
いただいた言葉ひとつひとつ、心に染み入ります
ぎんちゃんだけでなく、私たち夫婦にまであたたかいお言葉をいただき、ありがたいです
本当に本当にありがとうございました

金曜日の二時半、先生から電話があって急変して逝ってしまったと聞いたとき、ちょうど保護っ子達の掃除と部屋んぽの最中
すぐに病院に向かうこともできず、ともかく主人が帰宅したらすぐに病院へ向かうために、家の用事を全て終わらせなければと、涙が流れる間もなく、ケージの掃除と部屋んぽの続行、掃除機、植木の水遣り、などなどをこなし、やっとすべてが終わったあとは、もう脱力感でいっぱいで、じっとしてぼーっとしていました
主人と病院に向かい、ぎんちゃんと対面してはじめて涙が流れ、先生に聞いてもしょーがない質問なんかしたりしていて・・・・
私が泣き、主人も涙をタオルでふき、それを見た先生もうるうるしながら私たちに状況を説明くだっていました
いろんな思いが私と主人にあり、こうすればよかったのではないか、ああすればよかったのではないか、昨日病院から連れ帰らずに入院していれば苦しませずにすんだのではないか、なぜ私の腕の中で逝ってしまわなかったのか、病院で一人で逝かせてしまったことへの後悔、頭の中はいろんな思いでぐるぐるです
ぎんちゃんが帰ってきたら、少しは落ち着くかなぁ。。。

管理人のみ閲覧できます

2014.10.04.03:02

このコメントは管理人のみ閲覧できます

一人ではなかったと思います

2014.10.04.03:18

どんなに手をつくしても
わが子を逝かせるということは
辛くて、自分を責めてしまうことがあると思います

けれど、ぎんちゃんは決して一人ではなかったと思います

これほど愛してもらっていて、心がつながらないはずはないです

いつも良くしてくださったお医者様、
そして、ママさんパパさんの心が
皆の応援する気持ちが一緒でした

ぎんちゃんは、最期まで決して孤独ではなかったと思います

使命を果たし、神様のもとへかえってゆく
幸せなうさぎさんだったと思います

ママさん、パパさん、銀ちゃんが帰ってきたら、思いっきり泣いて
ぎんちゃんを、抱きしめてあげてくださいね

それで十分銀ちゃんにはわかります

ぎんちゃんは、目には見えませんが、
今は自由になって、ご両親さまのそばで
ピョンピョンはねながら、

ほら、こんなに自由になって
何処へでも行けるんだよ、元気でいるからね
これからはずぅ~っと一緒にいるからね、心配しなくていいんだよと、
お二人を見守ってくれていることでしょう

本当にお辛いと思いますが
それは絆が深かった証

今は、ひとつひとつ悲しみを味わい尽くして、そしていつか
また、前へ進める日まで、一歩一歩。。。

No title

2014.10.04.03:47

残念で、悲しくてたまりません・・・
でもぎんちゃんは最後の最後まで精一杯がんばったんだから、
最後までかっこよかったんだから、残念なんて言っちゃいけないのかも。
ぎんちゃんは与えられた時間を目一杯生きたのだもの。

先代が亡くなったときや、海が病気になったときに、
うさぎの医療は本当にまだまだ、わかっていないことがたくさんあるのだと
実感しました。ぎんちゃんが知らせてくれる情報はうさぎ医療の一歩前進、
ほかのうさぎさんたちの役に必ずたってくれるはず。

ぎんちゃんは幸せな家族の一員になれて、
大切にしてくれるパパとママに甘えられて愛情につつまれて、
本当に幸せな日々を過ごしたね。
だらだら主婦さんのおうちの子になれて、本当によかったね。

がんばり屋さんのぎんちゃん、
いまごろ神さまに抱きしめてもらって、たくさん褒めてもらってるよね。

パパさん、ママさん、どうぞお疲れの出ませんように・・・

管理人のみ閲覧できます

2014.10.04.08:29

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初めまして。

2014.10.04.09:49

ぎんちゃんの様子、ブログを読ませてもらって心配しておりました。
大変な手術をして、とっても頑張っていたぎんちゃんはすごく強くてカッコいいこですね。
たくさん褒めてあげたいです。
そんなぎんちゃんを支えたご家族の皆さんも、本当に尊敬します。
ぎんちゃんは素敵な家族と暮らせて、とっても幸せなうさぎさんです。
ぎんちゃんは大好きな家族と一緒に過ごしたくて、精一杯生きてきたんですね。
ぎんちゃんもご家族のみなさんも本当にお疲れ様でした。
5月に病気がちだったうちの子もお月様にいるので、ぎんちゃんのサポート、しっかりお願いしておきます。
きっとぎんちゃんはありがとうの気持ちでいっぱいだと思います。
これからもお月様でご家族を見守ってくれると思います。
ぎんちゃんとご家族の頑張る姿にはたくさんパワーをもらいました。
本当にありがとうございました。

No title

2014.10.04.13:27

突然のコメント失礼致します
3ヶ月前偶然にこのブログにいきあたりずっとぎんちゃんの回復を願いそしてママさん パパさんの看護に頭の下がる思いで読み続けてきました
ぎんちゃんの病理解剖が残念ながら今後も出てくるであろう同じ病気の子たちの治療に役立ってくれることを信じています
長くはない一生のようでしたがぎんちゃんの残していったものはきっと大きいと思います
とりとめのない文章になってしまいましたが生後5週間で捨てられていたうさぎと7年近く暮らしている人間として書き込まずにはいられませんでした
海の向こうからぎんちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします

No title

2014.10.04.16:04

ママさん、パパさんの決断には本当に頭が下がります。
病理解剖をする事でまだまだ発展途上のうさぎの医療が前進する可能性を秘めています。

私達の世界でも献体は医学の進歩に役立っています。
ママさん、パパさんの決断は決して間違いではないので我が子の遺してくれる物を受け止めてあげて下さい。

銀ちゃん貴方ほどカッコいいうさぎを見た事がなかったよ。
この世に生まれてきてくれてありがとう。
一杯頑張ってくれたから今はゆっくり休んでね。
プロフィール

だらだら主婦

Author:だらだら主婦

最新記事
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
3位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク