福島被災うさぎ杏さん 【イブうさぎさん】

2017.06.12.18:00

いつもお世話になっている【イブうさぎ】さんブログより
http://ameblo.jp/ibrahimomich/

2011年3月11日。東日本大震災を境に、多くの人の運命が変わりました。

人だけでなく、牛、豚、馬、ニワトリ、犬、猫、うさぎ、ダチョウ……。

福島の原発事故により避難指示が出された地区では、一時避難だと思って残してきたペットが水不足、餌不足で死んでしまいました。

家畜の牛豚は牛舎や豚舎に残されたまま死んでしまいました。

福島県南相馬市原町区馬場の旅館では、宿泊者のふれあい用にダチョウ、うさぎ、にわとり、ガチョウ、七面鳥、アヒル、クジャクを飼っていましたが、経営者が自主的に避難し、見かねた近所の人が餌をあげていました。

その人も遠方に避難する日が近付いて来ました。

4月22日0時より、福島第一原発から半径20㎞圏内が警戒区域となり、南相馬市原町区の一部が立ち入り制限区域となり、それより遠い半径30㎞圏内が緊急時避難準備区域となるのです。

世話していた方がブログ、ツイッターでSOSを発信し、被災地に入り込んでいた山路徹さんにツイッターで相談、ネットで大拡散され、ネットで見た地上性なまけものさんが東京の複数の団体に連れてきてもらうよう、かけあいました。
二週間前に杉並多頭崩壊うさぎを引き取ってもらっていた動物愛護団体ミグノン代表が4月22日にうさぎ8匹をレスキューして、除染処置を受けて東京に連れてきました
(地上性なまけものブログ4/16http://d.hatena.ne.jp/ground_sloth/20110416/p5)。

地震前はたくさんいたのに、限られた餌の奪い合いになり、半数以上がなくなり、近所の方が埋葬したそうです。
レスキューしてからも衰弱がひどくて数匹のうさぎの命が尽きました。

被災うさぎは、二週間前に杉並多頭飼育崩壊でうさぎ預かり宅を募集して集まっていた家庭に追加で預けられました。
不妊去勢手術を受けて、5月の譲渡会から里親募集が始まり、9月に最後の被災うさぎが家庭に迎えられました。

あれから六年。

被災うさぎ杏ちゃんママから杏ちゃんがなくなったと本ブログに連絡がありました。

被災うさぎたちのことはよく思い出していたので、連絡をいただいて大変うれしかったです。

以下、当時の譲渡会の様子を記録していた私のホームページ
http://usagijyouto.web.fc2.com/memo.html
から被災うさぎ写真を抜粋してご紹介します。

牛子ちゃん改め杏ちゃん
右目が牛眼という腫れた状態でした。5/28青山の美術サロンでうさぎ譲渡会と映画『犬と猫と人間と』の上映会があり、「一番貰われにくいうさぎを家族にします」と来場された方の家族に迎えられました
(ミグノン代表ブログ6/21http://blog.livedoor.jp/petsalonmignon/archives/51733967.html)。
後に『100gのいのち』という書籍に被災動物エピソードとして杏ちゃんの話が載りました。
o0200013313956470204.jpg

馬ちゃん
先代が荒川河川敷で大繫殖してニュースになった「荒川うさぎ」だった方が馬ちゃんをお迎えしました。
預かり宅は、地上性なまけものさんでした。
o0300020013956470048.jpg

かきお
コピーライター糸井重里さんのツイッターで写真が拡散され、震災後六月の譲渡会に里親希望者が三組来ました。
ペットショップで買った仔うさぎをすぐ病気でなくした方がかきおをお迎えしました。
ほかの二組の方には、被災うさぎではないけれど私の家で保護後一か月して生まれた杉並多頭崩壊うさぎクロちゃんの子供、生後二か月の黒い仔うさぎ二匹(後にコネギちゃん、クロミくんと命名)を貰ってもらいました。
o0450030013956479796.jpg

まふちゃん
先代が三色うさぎだった方が譲渡会に来て申し込んでくれました。臀部に膿瘍がありました。
o0240021513956470158.jpg

福ちゃん
先代がダッチで、ダッチうさぎを探していたご夫婦がたまたま里親募集を見て譲渡会に来てくれました。
8/14に『うさぎの時間』による被災動物レスキューの取材があり、最後の被災うさぎ福ちゃんにちょうど申し込みが入ったので、新家庭での福ちゃんの写真が『うさぎの時間』No.8に掲載されました。
福ちゃんは八月に福ちゃん預かり宅は震災の二週間前に同じ団体から杉並多頭崩壊うさぎコメットを預かっていたnyoriさんでした。
o1200160013956470140.jpg

旅館に居た時のうさぎたち
o0400030013956470041.jpg

これを書いていて、震災後の胸が詰まるような日々が記憶から蘇ってきました。

六年経過して、被災動物の避難について避難の取り決めはできたでしょうか?

公園や小学校飼育小屋で、たくさんの動物が置き去りにされたのに、被災時の対策なきまま、今も飼い続けているのはなぜでしょうか?

原発事故の恐ろしさはもう忘れたのでしょうか?

------

東京で里親募集していた寺うさぎ、うたちゃんはお見合いが決定しました。

二年前に保護され、やっと真の家庭に迎えられそうです。
また杉並の茶色の一歳未満のうさぎにもお見合いが予定されたとのことです。

現在、東京で里親募集している団体は、箱うさぎ保護宅あこさんhttp://aki0131.blog96.fc2.com/
ミグノンhttp://rencontrer-mignon.org/animal/rabbit-3/
などかな。どちらも知り合いなので、おつなぎしますよ。

だるまうさぎレスキューではまだまだ絶賛里親募集中です。
6/20に東京なーたんの部屋にホーランドロップくんが移動する予定なのでお見合いの予約を受け付けますよ。

募集中うさぎの詳細情報は下記参照してください。

ぺっとのおうち うっとこのこ募集一覧
http://www.pet-home.jp/member/user150507/post/
ぺっとのおうち なまけうさぎ募集一覧
http://www.pet-home.jp/member/user40914/post/
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

だらだら主婦

Author:だらだら主婦

最新記事
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
6位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク