★閲覧注意、後半部分の画像に亡骸★ 土曜日、現場に行ってきました

2015.06.14.06:54

土曜日に現場に行って撮った画像を文章の後にたくさん載せます
全部の子ではありませんが掘って見つけた亡骸の画像もアップします
なんでこんなものをアップするのかとご批判もあるかとは思いますが、生きていた証を画像におさめました
亡骸の子達が次に生まれて来るときには幸せのお家であることを祈っていただければ嬉しいです


これまでの経緯をご説明致します
★フェイスブック内のうさぎさんグループにてお寺さん所有の外の小屋でのうさぎさんの環境がよくないこと、お水やご飯などの協力要請
・場所 三重県某所
・小屋ではうさぎとにわとりが一緒
・不衛生で亡くなったうさぎさんもそのまま
・お水もなく、餌もきちんと貰っているか不明
・約2年間毎週、野菜を持って行ってくださるボランティアさんがいる(協力要請された方のご友人)
・うさぎさんの数がかなり多い
・出入り口も鍵もなくだれでも入れる

★上記の記事が上がったことでたくさんの方が保健所、またこのお寺の総本山に対して意見を送る
★保健所立ち入り2回、総本山より回答もあり、環境改善指示
★私の友人が現場に行き住職さんとお話しようとしましたが数人の方が無断で小屋に入ったりもあったようでかなり不信感を持たれ怪しい人だと思われたそうです
★友人が住職さんといろいろお話をしてお掃除やお世話などに入っていいという許可をもらいました
★友人が実際に小屋に入り環境や数などを確認、目で見えた5羽の亡骸を持ち帰り近くの河原にて埋葬
★避妊・去勢もしていないうさぎさんが多数いる中、長年爆発的に数が増えないということはこの小屋の中で自然淘汰されていることが想像できます、どれだけの数の子が土に埋まっているのかわかりません
★掃除が必要なこと、1人ではできないこと、まだまだいる亡骸をこの場所から持ち帰り埋葬したい、などのことから土曜日に実際に現場に足を運んでくださっている方々と集合
★金網部分は2/3ほど掃除終了、高い部分はできなったので後日、土の部分の掃除とゴミ回収、全部ではないものの掘れるところは掘って亡骸を集める
★ゴミは金網部分に長年びっしりこびりついて網が封鎖された状態、ほうきや硬いブラシなどでこそげ落とす、土の部分にはプラ、ダンボール、ガラス片、木片、缶の箱などを集める
★土曜日見つけた亡骸は、うさぎさん17羽、にわとり数羽、細かいばらばらの骨多数、ほとんどは埋まっていた状態、最近亡くなったばかりだと思われる亡骸、ミイラ化した亡骸、大人うさぎ多数、子うさぎやかなり小さい子もいました
★ご飯の器、牧草入れなどを用意したので、お野菜・ペレット・牧草を入れる
★土曜日生存が確認できた数、うさぎさん42羽・にわとり26羽
★ケガをしているうさぎさん3羽を引き出し(うちが預かりましたので現在我が家にいます、詳細は別記事でアップします)

★今までのあり方と現在の住職さんのお考え
・お家で飼えなくなったうさぎさんやにわとりさん達を引き取り(山に遺棄されたりして死なすより受け入れたほうがいい)
・お世話は地域のボランティアさんも通ってくれている、また小学生達もうさぎさんに名前をつけて可愛がっている
・ご飯やお水などのお世話はしています(保健所さんに回答された話)
・死んでいった亡骸をそのままの状態にしている理由は、小学生などが見にくるので仏教的観念から亡くなると肉体は滅んでくると教育の為に放置している(保健所さんに回答された話)
・お掃除をしてこなかった理由は、住職さんが埃アレルギー
・にわとりさんとうさぎさんを小屋の中で分けることはしない
・うさぎさんの避妊や去勢は考えていない
・うさぎさんでお家の子にしたいと申し出があればどうぞよろしくお願いします(だれかれでもいいというわけではない)
・お掃除やご飯のお世話に来ていただけるのはありがたい、その際は必ずお声かけしてほしい


★みなさまにお願いの事項
・行政(保健所)に意見やクレームを出しても効果はないと思います、住職さんを納得させ許可をもらいこちらが行動できることが先決だと思います
・現在、お掃除やお世話に通ってくださっているのは、私の友人、Hさんご夫婦、Hさんご友人ご夫婦です、住職さんと直接お話を続け重ねることによって信頼関係が築けます
・現場に足を運んでくださっている方々の今後の活動(環境改善やうさぎさんの引き出し)に支障がでてしまっては手が出せなくなります
・小屋の中をにわとりさん・うさぎさん男の子・うさぎさん女の子の3つに分けることを働きかけたいと思います
・避妊や去勢のお話もしたいと思います
・今までの状況や住職さんのことで歯がゆい思いをされると思いますが、早急にできることとできないことがあります、治療が必要な子達が引き出しなどを進めていきます、信頼関係が崩れ門戸が閉じられればうさぎさんを引き出すことも出来なくなります、どうか見守っていただきたいと思います
・里親ご希望者さまがいらっしゃいましたら、ボランティアが現場に行っている日時に直接お寺に来ていただける方となります、ボラが現場に行く日時などは随時お知らせ致します

★お掃除やお世話に通っていただける方へのお願い
・小屋へ入る時は住職さん、もしくは奥様へ声をかけて下さい(うさぎさんにご飯あげに来ました程度でも)
・小屋の左右にうさぎさんの巣穴があります、入る時はお気をつけ下さい
・金網部分の掃除も2/3ほど終わり風通しも出ましたが、空気が悪いのでマスク・手袋着用をお願い致します
・亡くなった子がそのままになっていることがあります
・小屋内に水道がありますが、うさぎさんの巣があったりするので小屋の中では使えません、飲み水の交換は持参して頂けると助かります
・うさぎさん同様、にわとりさんも生きるのに必死です。うさぎさんと喧嘩はしませんが、野菜は奪い合いになります、お野菜はなるべく細かく切って小屋内にあるトレイに入れてください
・お掃除道具は各自でご準備ください、掃除道具置き場が作れないか、もしくはお寺内に置く場所があるかなど今後話をつめています
・お掃除を終えご自宅に帰られましたら着ていたお洋服はすぐに洗濯しできればすぐにお風呂にはいってください、外で飼育されている子達ですのでダニなど付着している可能性があります


★里親さまになっていただける方へのお願い
・外の小屋で飼育されているうさぎさんです、病気にかかっている可能性もあります、また女の子は妊娠している可能性が高いです
・お迎え後は速やかに病院で受診し、レントゲン検査・血液検査・便検査・尿検査・皮膚検査をしていただきますようお願い致します
・先住ちゃんがいらっしゃるご家庭は病気の有無がわかるまでは別のお部屋での隔離が望ましいです
・土曜日に引き出した3羽(我が家にて預かり)のうち1羽にツメダニが見つかりました、症状がでていなくても検査は必須です、ツメダニが見つかりましたらレボリューション(首元に数滴垂らす)の処置を受けて、獣医師さんの指示の日数は必ず先住ちゃんと別部屋で隔離をお願い致します
・土曜日に引き出した3羽の血液検査の結果、3羽とも肝臓の数値が規定値より上でした、これは今までの食生活なとが原因の可能性もあり、経過観察が必要だと思います
・土曜日に引き出した3羽の血液検査の結果、3羽ともレントゲン検査の結果、砂粒が写っていました、食べ物と一緒に土を食べていたと思われます、砂粒はうんちと一緒に体外に排出されるので問題はありませんと獣医師さんに言われました


では画像どどーんと
IMGP1968_convert_20150614054407.jpg

IMGP1969_convert_20150614054516.jpg

IMGP1970_convert_20150614054548.jpg

IMGP1971_convert_20150614054642.jpg

IMGP1960_convert_20150614054705.jpg

IMGP1961_convert_20150614054730.jpg

IMGP1963_convert_20150614054749.jpg

IMGP1964_convert_20150614054820.jpg

IMGP1965_convert_20150614054847.jpg

IMGP1973_convert_20150614054923.jpg

IMGP1974_convert_20150614054944.jpg

IMGP1980_convert_20150614055005.jpg

IMGP1981_convert_20150614055028.jpg

IMGP1982_convert_20150614055049.jpg

IMGP1983_convert_20150614055108.jpg

IMGP1984_convert_20150614055132.jpg

IMGP1992_convert_20150614055155.jpg

IMGP1993_convert_20150614055218.jpg

IMGP1995_convert_20150614055239.jpg

IMGP1996_convert_20150614055306.jpg

IMGP1997_convert_20150614055325.jpg

IMGP1998_convert_20150614055351.jpg

IMGP1999_convert_20150614055414.jpg

IMGP2000_convert_20150614055438.jpg

IMGP2001_convert_20150614055456.jpg

IMGP2002_convert_20150614055514.jpg

IMGP2003_convert_20150614055534.jpg

IMGP2004_convert_20150614055557.jpg

IMGP2005_convert_20150614055621.jpg

IMGP2006_convert_20150614055641.jpg

IMGP2007_convert_20150614055705.jpg

IMGP2008_convert_20150614055726.jpg

IMGP2009_convert_20150614055747.jpg

IMGP2010_convert_20150614055810.jpg

IMGP2012_convert_20150614055832.jpg

IMGP2013_convert_20150614055854.jpg

IMGP2014_convert_20150614055914.jpg

IMGP2015_convert_20150614055936.jpg

IMGP2016_convert_20150614055957.jpg

IMGP2017_convert_20150614060021.jpg

IMGP2018_convert_20150614060046.jpg

IMGP2019_convert_20150614060108.jpg

IMGP2020_convert_20150614060131.jpg

IMGP2021_convert_20150614060154.jpg

IMGP2022_convert_20150614060217.jpg

これ以降亡骸の画像となりますので苦手な方はスクロールしないで下さい





































みんなが無事にお月様に行けるよう、生まれ変わったら幸せのお家であるように祈ってあげてくださいませ。。。。
IMGP1975_convert_20150614064103.jpg

IMGP1976_convert_20150614064126.jpg

IMGP1977_convert_20150614064146.jpg

IMGP1978_convert_20150614064207.jpg

IMGP1979_convert_20150614064226.jpg

IMGP1985_convert_20150614064255.jpg

IMGP1986_convert_20150614064330.jpg

IMGP1987_convert_20150614064350.jpg

IMGP1988_convert_20150614064410.jpg

IMGP1989_convert_20150614064429.jpg

IMGP1990_convert_20150614064505.jpg

IMGP1991_convert_20150614064651.jpg
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2015.06.14.07:27

お疲れ様でした いつも頭の下がる思いで読ませていただいています
亡くなった子達の冥福と次に生まれてくるは時の幸せを心よりお祈りします
オーストラリアに在住していますがこちらなら問答無用で即刻全員保護!という環境ですね 今生きている子達の環境が少しでもよくなりますように

No title

2015.06.14.14:24

兎たちの保護お疲れ様でした。
環境のあまりの醜さに。。。言葉も出ないですが。
住職さんの元は命を助けたいという思いから
始まったことが、最後はこのように多頭崩壊に
なってしまってとても残念です。

ただ何もしないで批判をするのは簡単でずるいことなので
このブログを見て怒りが湧いたとしてもみんなぐっとこらえて
見守ってほしいです。

実際に保護活動に入り、こうしてお預かりを申し出る方が
いることに、とても感謝しています。
現場が遠く実際のお手伝いはできませんが、この先
保護のために募金などがありましたら協力させてください。

全ての子が幸せを掴めることを願っています。

2015.06.14.14:26

遠方まで本当にお疲れ様でした。
何かもう言葉が出ないですね。


住職さん、せめて亡骸を埋葬して供養して欲しい。
お寺でお坊さんなんだから…。
彼等には何の罪もありません。

保護された仔達のケガが良くなります様に

仔うさぎさん達が無事に成長する様に。
心からお祈りします。

No title

2015.06.14.18:45

お疲れさまでした。
仮ママさん方の行動力には、いつも敬服致します。

あまりにびっくりして、言葉がありません。

ケガをしている子達の快復と、現場に残っている子達が幸せになれるように心から祈ります。

支援物資など、何か出来る事がありましたら言ってくださいね。

管理人のみ閲覧できます

2015.06.14.19:23

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015.06.14.20:47

私も、言葉が見つからなく、そして、、、涙が溢れました。。。

うっとこのこさん、本当に有難うございますm(_ _)m

人間て、、、。
兎達には、何の罪もないのに辛いですね。。。

No title

2015.06.15.02:20

本当にお疲れさまでした。

お空に帰った子たちがいまごろ幸せに跳ねていますように、
今度は優しいおうちにお迎えされますようにと手をあわせました。

元気でいてくれてる子たちも、早くお迎えしてもらえますように。
遠くてなにもお手伝いできませんが・・・
暑いなか、だらだら主婦さんが体調を崩されませんように。

サクマミライさまへ

2015.06.15.07:27

コメントありがとうございます
遠くオーストラリアから祈ってくださり感謝です
なかなか日本ではどうぶつさんの命に対して軽視することが多いのが現状です
うさぎさんに限らず、ワンちゃん・ネコちゃんの命を救おうと懸命に動かれているボランティアさんも多いです
海外のようにどうぶつさんに優しい国、日本であってほしいと心から思います
今、小屋にいる子達が幸せになれるように微力ではありますが頑張りたいと思います

Bellyさんへ

2015.06.15.07:29

いつもありがとうございます
あの小屋にいる子達の未来が幸せであるように微力ではありますが頑張りたいと思います
引き出した我が家に子達が元気でいられるよう、いいご縁を結んであげたいです

nana-hahaさんへ

2015.06.15.07:33

いつもありがとうございます
現状では住職さんが埋葬・供養されていないのでまだまだ埋まっている子達がいると思うので次回訪問時も見つけてあげたいです
我が家の引き出した子達、元気になるようにお世話したいと思います
小屋には小さな子達もたくさんいました
あそこにいる子達が幸せになるように微力ではありますが頑張ります

モンちゃんママさんへ

2015.06.15.07:36

いつもありがとうございます
ケガをしている我が家の預かりっ子達が元気でいるようお世話したいと思います
小屋にいる子達が幸せになれるよう微力ではありますが頑張りたいと思います

せつこさんへ

2015.06.15.07:38

いつもありがとうございます
現場に行ってくださるボランティアの方々と協力しながら、今いる子達が幸せになれるよう微力ではありますが頑張っていきたいと思います

はなこさんへ

2015.06.15.07:41

いつもありがとうございます
亡骸は友人が埋葬してくれました
これでお月様に行けますね
まだ埋まっている子達がいると思うので次回訪問時も見つけてあげたいです
今度生まれてくるときは幸せのお家、幸せな兎生ですよね
小屋にいる子達もいいご縁であたたかいお家に迎えてもらえるように頑張りたいと思います

2015.06.15.15:00

遠くで何もしてやれないけど、只今楽天市場からお世話なさっさってる先方様宛にチモシー20キロ送らせてもらいました。

管理人のみ閲覧できます

2015.06.16.14:22

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2015.06.20.03:01

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Kさまへ

2015.06.20.05:59

いつもありがとうございます
いろいろ思うことはたくさんありますが、あそこにいる子達が少しでも環境がよくなり、そしてあたたかいお家にお迎えされる子が1羽でも多くなればと・・・
出来ることを日々頑張りたいと思います
ご支援のお申し出、ありがとうございます
優しいお気持ちに感謝です
現在、ペレットのご支援が助かります
どうぞよろしくお願い致しますm(o´・ω・`o)mペコリン
プロフィール

だらだら主婦

Author:だらだら主婦

最新記事
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
6位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク