FC2ブログ

銀次郎君、術後92日目、その② 私たちの考え

2014.10.03.21:19

今夜、主人が帰宅してから病院に向かいました
先生とお話して、ぎんちゃんの解剖をお願いすることとしました
解剖や病理検査にはさまざまなご意見があるとは思いますが、死因がなにだったのかをはっきり知っておきたいというのが私たちの考えです
ぎんちゃんが病気になり今まで私たちにいろんなことを教えてくれました
ぎんちゃんの兄弟のきぃちゃん(すでにお月様に行った元 金次郎君)も身をもって教えてくれたいろんなことが、ぎんちゃんの治療に大いに役立ちました(歯根膿瘍の治療には先手がうてました)
亡くなってからも私たちに教えてくれるものがあると思います

★先生とのお話

死因と考えられるのは(可能性含む)
・消化器官からの出血が長期間続いていた
⇒大量の腸内ガスで腸壁がこれ以上広がらないほどになり傷ついた可能性が大きい
・上顎歯根膿瘍が完全に治っていなくて微量に出血していた(貧血の原因)
・貧血による低酸素状態で意識がなくなった

★解剖でわかること
・消化器官のどのあたりで出血していたかおおよそわかる
⇒どの程度の傷なのかは病理検査に出して詳しく調べないとわからない
・他の臓器に異常があればおおよそわかる
・右目の膿瘍の内部がどうなっているかを切開して調べられる

先生におまかせしたこと
・解剖時にこの臓器は病理検査をした方がいいと判断したものは、外部委託で病理検査に出す


今日、お昼前に酸素室に入った直後のぎんちゃん
R0017710_convert_20141003211136.jpg

R0017712_convert_20141003211204.jpg

最後のうんP画像
R0017713_convert_20141003211221.jpg

今夜、病院で会ったぎんちゃん
「オレ、女子じゃねぇーよ」なんて言葉が聞こえてきます
R0017716_convert_20141003211250.jpg

目はあいていたので、何度も何度も閉じようと私がしていました
R0017719_convert_20141003211306.jpg

明日の朝一番にぎんちゃんのお迎えに病院に行き、我が家に連れ帰ってきます
スポンサーサイト



銀次郎君、術後92日目、ぎんちゃん逝ってしまいました

2014.10.03.16:29

昨日、輸血後帰宅

少しだけペレットを口にした

お薬(自らの口がくるほどだったが、口のまわりこぼしていた)

少しだけ動いて場所を移動してましたが、ずっと立ったまま

盲腸糞のようなやわうんP、ちっこでていた

お灸貼る

夜中にサイコロ状にしたニンジンさんの器を入れたら一口食べてそのまま頭を器に突っ込み体が倒れる

すぐに抱っこ

一時間後、動きが少しでてきて、自らケージに戻る

しばらく後、ニンジンを食べはじめる

座る姿勢だったり、横になったりしていた

朝のお薬、口は自らくるもののほとんどこぼれている状態で口のまわりはべちょべちょ

強制給餌を一口入れるものの、まったく口を動かさない(体はぐにゃぐにゃ)

病院の先生に電話

病院に向かう、昼前に到着、すぐに酸素室

しばらくまったく動かず、看護士さんがご飯の器を入れてくれたら、くんくんにおったものの食べずに隅に移動

私は帰宅

午後2時半、病院の先生から電話、心配停止で蘇生処置したが戻らずと連絡

主人が帰宅したら病院に向かいます
詳しいことなど、ブログアップは夜遅くになると思います
プロフィール

だらだら主婦

Author:だらだら主婦

最新記事
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
09 ≪│2014/10│≫ 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
3位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク